ベラジョンカジノはイカサマをしている?カジノの闇を暴く!
この記事は、ベラジョンカジノをまだプレイしたことがない初心者向けの記事となります。私の知識があなたのお役に立てれば幸いです。

ちえみ(姉)

こんにちは、ちえみです。『ベラジョンカジノはイカサマをしているのか?』これからベラジョンカジノを始められる方も絶対に気になるところだと思うので、今日はカジノの闇についてメスを入れたいと思います。

あやめ(妹)

ベラジョンカジノってさ、スロットとかのゲームソフトの設定なんて簡単にいじれるだろうし、ライブカジノもなんか信用できないんだよね。お金がかかってるから、マジで嘘のない解説を頼むよ!

ベラジョンカジノはイカサマをしている?

あやめ(妹)

で、どうなの?どうせイカサマしてるんでしょ?

ちえみ(姉)

直球ね(笑)もちろん私も怪しいと思う部分はあるわよ。でもまず、闇を暴くために表面的な公表されている部分を知っておこうね。

ゲームソフトのRNG(乱数発生装置)とは

ベラジョンカジノのスロットや、ライブカジノではないゲームソフトのテーブルゲームは RNG(乱数発生装置)が採用されています。RNG とは、ゲームの結果を完全にランダムにするシステムで、それを操作することは誰にもできません。

あやめ(妹)

なんだその怪しい装置は?そんなカッコいい言葉を使われても私は騙されんぞ!

ちえみ(姉)

乱数発生装置ってのは、文字通り乱れた数字をランダムで発生させる仕組みだよ。0.01秒以下の時間で抽選される数字が切り替わって、例えばスロットならそれで当たり(何倍配当)かハズレを決めているの。

RNG にも様々な種類があるのですが、ベラジョンカジノで使用されているRNGは世界最高峰と言われています。

ライブカジノを運営しているのはベラジョンカジノではない

まだオンラインカジノをプレイしたことがない方はご存じないと思いますが、ライブカジノはベラジョンカジノが運営しているわけではありません。

実は、Evolution や Ezugi、MicroGaming といったゲームプロバイダが運営していて、例えばどこのカジノでプレイしたとしても『ライブ動画の配信元』が同じなので同じ映像が流れます。つまりカジノ側で操作をすことは不可能なわけです。

ベラジョンカジノで Evolution のライブカジノをプレイした場合の画面
ベラジョンカジノ
ワンダリーノカジノで Evolution のライブカジノをプレイした場合の画面
ワンダリーノカジノ
あやめ(妹)

あえっ?そうなの?じゃあそのゲームプロバイダがイカサマをしてるんですね。わかります。

ちえみ(姉)

いやいや(笑)次にライセンスの話をするけど、ゲームプロバイダも国(政府)から発行されるライセンスを持ってないと運営ができないからね。

ライセンスと抜き打ち検査

ベラジョンカジノもそうですが、オンラインカジノやそのゲームを提供するプロバイダは国が発行するゲーミングライセンスを取得しないと運営をすることができません。

このライセンスを取得するのはかなり難しく、取得後も『RNG がきちんと使用されているか』や、『抜き打ちでライブカジノの不正をチェック』されるので、イカサマをすればすぐにバレてしまいます。

あやめ(妹)

ふ~ん。まぁ私はそんなこと言われても信用しないけどねっ!!

ちえみ(姉)

国が認めても疑っていくスタンスは良いと思うよ(笑)とりあえずベラジョンカジノは『キュラソー』ってところのライセンスを取得していて、サイトにもそれが表示してるから確認してみてね。

ベラジョンカジノのライセンス

データで見るベラジョンカジノのイカサマ

あやめ(妹)

まぁ確かに国が発行するライセンスってのは信用できるんだろうけど、『イカサマはやってませんよ~』とか『安心してプレイしてくださいね~』って言われても信用できないんだよね。なんか信頼できるデータってないの?

ちえみ(姉)

アンタなかなかひねくれてるわね…。まぁ、以下のことを見てもらって判断してもらえたら良いかな。

2581戦プレイしてみた結果

ちえみ(姉)

これは私のお友達のあゆ太郎さんの検証結果なんだけど、ブラックジャックをベーシックストラテジー(最も勝率の高い手法)通りにプレイして、2581戦1247勝1334敗で、勝率は48.3%だったそうです。

そして、ダブルダウン(2倍賭け)やスプリットで金額的にプレイヤーが有利になるので、フラットベットをしていればRTP(ペイアウト率)は99.5%くらいだったよというお話を聞けました。

あやめ(妹)

なるほど。99.5%ってのはブラックジャックを正しくプレイした時のRTPだから、2500回以上やってこれなら確かにイカサマはやってないかもね。

あゆ太郎さんはこのベーシックストラテジーに加え、独自のシステムベット(賭け方)で収益をプラスにしています。このようにベラジョンカジノでも勝つことはできますし、データ的にイカサマをしてないので安心してプレイできるかと思います。

嘘のような負け方は現実的に起こり得る

何連続もハズレが続くと詐欺だと疑ってしまう気持ちはわかりますが、その確率はどれくらいのものでしょうか?例えば0の無い赤と黒のルーレット(確率50%)を連続で外す確率を表にしてみました。

連敗数 1敗 2連敗 3連敗 4連敗 5連敗 6連敗 7連敗 8連敗 9連敗 10連敗 11連敗 12連敗 13連敗 14連敗 15連敗 16連敗
確率(%) 50% 25% 12.5% 6.25% 3.13% 1.56% 0.78% 0.39% 0.2% 0.1% 0.05% 0.025% 0.0125% 0.00625% 0.00313% 0.00156%
確率(1/○) 1/2 1/4 1/8 1/16 1/32 1/64 1/128 1/256 1/512 1/1024 1/2048 1/4096 1/8192 1/16384 1/32768 1/65536

例えば、13連敗の1/8192という確率はミリオンゴッドのGODフラグを引く確率と同じ。16連敗の1/65536はフリーズの確率となります。日常的にスロットを打っている人なら、これくらいの確率は普通に起こり得ることなのは容易に想像できるのではないでしょうか。

50%の勝率である以上、16連勝する確率も16連敗する確率も1/65536です。それがもし負けに傾いたとき『イカサマをしているのでは?』と、カジノを信じられなくなる気持ちもわかりますが、それが現実に起こりうることもまた事実です。

あやめ(妹)

この確率を見たら、確かに6連敗くらいまでなら普通にあり得るかもね。負けに偏るとイカサマを疑いたくなる気持ちもよくわかる。

ちえみ(姉)

それに、6連敗→2連敗→5連敗という感じで負けたりもするからね。しかもルーレットなら実際は『0』もあるからもう少しだけ負ける確率は上がっちゃうしね。

ベラジョンカジノの闇を暴露する

ちえみ(姉)

では最後にベラジョンカジノのイカサマというか『コレってどうなの?』という部分についてのお話です。

あやめ(妹)

あっ!やっぱりイカサマしてるんだ?ほらね、私の言った通りやん。(しつこい)

Play’n GO は RTP の調整ができる

ムーンプリンセスや、ブックオブデッドといった人気スロットのある Play’n GO は、RTP(機械割)を調整できるという話を聞いたことがあります。Play’n GO のデフォルトの RTP は96%台ですが、カジノと提携する時に、例えば95%で契約できるわけです。

ベラジョンカジノは設定 MAX の96%台だという話は聞いたことがありますがラ○○○○○○○カジノは RTP を低くしているらしいです。

あやめ(妹)

マジかよ…、ラ○○○ニ○○○カジノ最低だな。

ちえみ(姉)

こらこら、そういうこと言わないの。まぁ限度はあるから、あからさまな差はそこまでないと思うけど、とりあえずベラジョンカジノでは低くされてないってところは良かったよね。

ライブカジノはカードデッキを組んでる?

あやめ(妹)

後さぁ、Twitter でよく見るんだけど、Evolutionって絶対なんかやってるよね?バカラの罫線がおかしかったり、BJ では10カードが少なかったりってよく聞くもん。

ちえみ(姉)

それは私もよく聞くわね。ランドカジノとライブカジノはカードの出方が違うとか、独特なクセがあるとは思ってた方が良いかもね。もちろん確証はないけど。

シャッフラーは最強のイカサマ師?

ライブカジノでは一定のカードが使用されるとシャッフラーの人がカードを切ってくれます。もしこのシャッフラーが『カジノ側が有利になるような配列』にできるのであれば最強のイカサマだと思いますが、さすがにそれは難しい話だと思います。

ブラックジャックはカジノ側の人間が座る?

ライブカジノでは、シューからカードを出すときにカードをスキャンして配りますが、シューに入っている時点でカードの順番はわかるはずです。このご時世それくらいの技術は開発されています。

BJはイカサマし放題?

となれば、この状況でカジノ側の人間が右側、もしくは左側に入ればプレイヤーのカードやディーラーのカードは調できるわけです。

しかも、インフィニットブラックジャックともなれば、誰がカードを引くのかもわからないので、もしかしたらカジノ側の人間が潜んでいるのかもしれません。

あやめ(妹)

マジかよ…、ラ○○○ニ○○○カジノ最低だな。

ちえみ(姉)

だからそれは関係ないってば(笑)もちろんここで言ってることは確証がない話なんだけど、お金がかかってる以上そういうゲームには手を出さないのも自分の身を守る安全策と言えるわね。

事故はあるのでスクショをお忘れなく

Twitter をやっていると、たまにこういうツイートを見かけます。お判りいただけただろうか?カードはバンカーが7ですが、デジタル上の表示は2となっています。このゲームではすぐに訂正されたそうですが、カジノ側のバグや予期せぬエラーで損することも考えられます。

ちえみ(姉)

ライブカジノではカードの履歴も見られるんだけど、バグやエラーが出た時はできるだけ証拠のスクリーンショットを撮っておいた方が良いよ。

あやめ(妹)

イカサマじゃないけど、それでお金を損したら『不正だ!』って言いたくなるもんね。そういう部分は自分で自分を守ることも大切だね。

お知らせ

このページ経由でベラジョンカジノに登録すると、入金前に$30プレゼントします(自動で反映されます)どうぞご利用ください。

ベラジョンカジノへ

ベラジョンカジノの登録方法 | 入金の手順も徹底解説